Project

General

Profile

News

香取フィールドキャンパス〜 學び・癒し・ゆうきの一日〜

Added by 石﨑 則夫 2 months ago

開催日時:令和2年8月9日(日)9:30~16:00
開催地: 289-0405 千葉県香取市竹之内
お問い合わせ: 080-1292-5102 または
申し込みフォーム

09:30 竹之内宮下コミュニティセンター 集合
10:00 収穫体験
12:00 BBQ
13:00 簡易テクニック伝授
14:00 播種体験
16:00 解散

申し込みフォーム より、お申込みください。

注意事項
  1. 持ち物
    1. 筆記用具。
    2. 軽作業が可能な服装。長靴、又は汚れても良いスニーカーをお薦めします。更に、軍手・作業手袋の持参をお願いします。
  2. 電車利用の方には、成田駅からの送迎を予定しています。
  3. 参加費は、当日現金にてお願いします。

参加費(当日現金)
•大人:5,000円
•学生:2,500円
•子供:2,000円

花鳥風月、大氣を詠む

Added by 石﨑 則夫 5 months ago

見えないところで沢山の生き物が関わり合ってくれているから作物が育ち、実を着ける。
「うちの社員たちが頑張ってくれているから作物が育つ」とは
橋本店長の口癖ですが、ソラマメに目線を合わせれば、そこには沢山の生き物が見えてきます。

受粉に関わってくれている「くまばち」、「ハナムグリ」、そして「蝶々」。
アブラムシ に色々な星の数の「テントウムシ」。
目線を落とせば、アカガエルやアマガエルがじっと何かを狙っています。

そんな生き物たちの様子と、鶯が鳴き渡る長閑な農園の風景をお届けします。
レンタル農園~ソラマメの生殖生長と沢山の虫たち編~ 2020.04.30

落ち葉で堆肥づくり~2020.01.26~

Added by 石﨑 則夫 8 months ago

里山の落ち葉を集めて、竹と藁で組んだ枠の中に、落ち葉・米糠・鶏糞などを混ぜて水をかけながら空気を抜くようにギュウギュウと踏み込み、それを何段も繰り返し、20層の落ち葉の苗床を作りました。踏み込んだ落ち葉は、ゆっくりと嫌気性発酵します。
一年後、発酵分解した落ち葉は、翌年の苗を育てる腐葉土となります。
続きは>>>

アートテン導入

Added by 石﨑 則夫 9 months ago

令和元年12月16日午前中、アートテンをながら倶楽部第一圃場スカイビレッジに設置しました。
設置後、無論、いつもより念入りに祈り(祝詞、般若心経、不動明王真言、光明真言)をしました。
そういった事もあり、帰宅途中、店長から電話があり、レタスの茎に沢山いたアブラムシが全て成仏しているとのこと。
合掌
p.s.
アートテン導入後の祈り、土壌菌の活性化によるイオン交換促進、更にライフアップの葉面(裏側)散布も相まって、ファイトケミカルが大量放出されたことがレタスのアブラムシの大量死に繋がったのではないかと解釈しています。
動画あり

p.s.s
その後、翌々動画を観察してみると、希釈したライフアップでも多少べとつきがあり、アブラムシの気孔を塞いで窒息死させたのではないかとの結論に至りました。ストウチュウやうどん粉でも同じ効果があると思います。ネットにも、「牛乳のタンパク質がアブラムシの気孔を塞ぎ、窒息させることができます。」等の情報があります。

野菜に首ったけ?~東京のある区の広報より~

Added by 石﨑 則夫 10 months ago

そもそも、ミトコンドリアが十分に育つ10歳くらいまで、細胞は解糖系のエネルギー生成に偏る。子供が、炭水化物を選り好むのは寧ろ当然な事である。
そんな子供に、慣行栽培(化学肥料・農薬使用)で育てられた、ビタミン・ミネラルの代わりに不要な残留化学物質が沢山入った野菜を与えたら、えぐみの味も含め本能的に危険を察知した子供は、食べるのを拒否するのは当たり前。

調理して野菜を隠し、慣行栽培で育てられた生命エネルギーの低い野菜を食べさせ続けて健康にになるのだろうか?更に、生で食べさせる際には、化学調味料を着けるという愚行が蔓延している。
続き>>>

土壌菌相分布測定のススメ

Added by 石﨑 則夫 11 months ago

土に詳しい方に、土壌菌相分布の測定結果を見せていただきました。
測定結果の例

圃場の土壌菌の割合、菌数を測定することにより、土壌の健全性が一目でわかります。
土壌病原菌のうち80%が糸状菌といわれています。よって糸状菌の割合を減らすことは、土壌病害にかかりにくくすることになります。

調査・検査の流れは、こちら になります。

(1-10/21)

Also available in: Atom