Project

General

Profile

【令和3年6月23日(水)】一言事を敗り 一人国を定むる。

Added by 石﨑 則夫 about 1 month ago

お早う御座います。
本日は、616・壬寅(みずのえとら・じんいん・干支39番)・赤口・小望月・三隣亡・尾宿・旧暦皐月十四日です。
一白水性・子・陽 任(になう)、妊(はらむ)・胎蔵を意味し、子は孳(ふゆる)・終始。新しい命を大海の海の如く、ゆったりと愛をもって教え導く(教導愛)となります。
三碧木性・甲・陽 螾(みみず、のびる、うごき)であり、自我の殻を破って一気に発動。3~5時
六白金性 乾為天・創造性とリーダーシップ・陽 慢心・プライド・遣(や)り過ぎに注意しながらも、天に従い、人格を磨き、人・自分を幸せにする核心となり、創造的な事業を旭日昇天(破竹の勢い)で行うなら願いは叶います。核心、指導、独立、決断。

陽揃いの本日六白に活かしたい特性
(17)充満
(20)剛健

『国家と政府とを混同し、政府を憎む為に国家を否定し、自由と放縦とを混同し、放縦の為に道徳や法律を無視することは愚かである。』安岡正篤翁

「国が何もしてくれない、国が悪い、国、国、国。。。」
メディアから大衆に至るまで、何でも感でも国が悪いとの主張を頻繁に聞きます。
正しくは、 自分たちが選んだ 「政府が何もしてくれない。政府が悪い」と言うべきでしょう。
道理で、自虐的な輩が多い割には、愛国者が少ない訳です。
そちら側の勢力により、言葉狩り、プロパガンダが働き、それが慣性の法則に従い、今に至っている気がします。

『下流に居(い)て上(かみ)を訕(そし)る者を悪む。』論語陽貨第17
建設的な意見ではなく、上に対して訕(悪口を言う。馬鹿にする)るのは良くないとの論語の教えです。

『一言(いちげん)事(こと)を僨(やぶ)り、一人(いちにん)國を定む。』(大學)
不一